歯と口の健康を守るための情報サイト

良い歯医者はどうやって選ぶ

歯医者を選ぶポイントに優先順位をつけよう

選ぶポイントとしては以下のようなものが考えられます。
治療内容、立地、医師の人柄、治療費、設備を含む技術などです。重視するポイントが何であるかによって優先順位を付けるのです。
ネットの書き込みは自作もあり得るので参考程度にするべきです。

選んだ歯科医院へ電話をして症状や治療費など知りたいポイントを質問してみましょう。
丁寧な説明があり感じがよかったらそのまま予約をしても大丈夫でしょう。
対応が雑であればその歯科医院はやめるべきです。
院長の教育が電話対応にも現れ医院のレベルが分かります。

次の注意点は歯医者を訪れた際、これから行う検査や治療方針・スケジュールなどをきちんと説明してくれるかという点です。
歯の治療において患者は何をされているのか見えないので不安なものです。
疑問や不安があればその都度質問して納得のうえ進めてもらうようにしましょう。
コミュニケーションは治療技術以上に大事なことです。

良い歯科医師との出会いは宝物

将来的なことを考えると掛かりつけの歯科医師がいることはとても良いことです。
あなたの傾向を理解していれば診断や治療もスムーズになります。

例えば、歯周病はお口の生活習慣病と言われていて、糖尿病や肺炎、骨粗しょう症など他の病気との関連もあることが分かっています。
治療を進めるうえで身体全体の健康に意識が行っている必要があります。
そのような意識のある先生だと禁煙のアドバイスがあったり、虫歯・歯周病以外の疑いがあれば他の外来を紹介してくれます。

また同じ歯科医の範疇であっても、より技術の高い専門医を紹介してくれたり、人脈をフル活用してベストな治療を勧めてくれるようであればその先生は良い医師と言えるでしょう。

良い歯科医師が見つかればその出会いは一生の宝ものとなるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る