歯と口の健康を守るための情報サイト

歯を失うことの怖さを知ろう

虫歯のメカニズムを知ろう

カンタンに言うと虫歯は酸によって歯が溶けていく疾患の事です。

人の口内には多くの細菌が住みついていて、その中に虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が含まれています。
そこに食べ物カス(糖分)が溜まり、それを餌にミュータンス菌が活発に働いて歯垢を作り出します。
歯垢は細菌のかたまりのようなもので、そこから酸が発生し歯を溶かすことで虫歯となるのです。

普段口内は唾液のphコントロールによって弱酸性に保たれ虫歯菌が活発にならないのですが、酸性状態に長く晒されほど虫歯の進行が加速します。
進行を遅らせるため唾液は弱酸性に戻そうとするのですが、やはり自分で歯を清潔に保って酸性状態の時間を短くするということが大事になります。

虫歯になると初期でもある程度の痛みを伴う場合がありますので、やはり予防は大切です。


歯周病のメカニズムを知ろう

歯周病は酸によって歯を支えている歯肉に炎症をおこしたり、土台の骨を溶かす疾患の事です。

歯周病も虫歯と同じメカニズムによって進行してゆきます。
そのターゲットが歯ではなく歯を支える骨や歯肉、つまり歯周ということになります。

歯周病菌は嫌気性なので歯と歯茎の隙間にあるポケットを住み家とします。
そこに歯垢がたまり毒素である酸を放出します。
これによって歯肉が炎症を起こしポケットが深くなり、歯槽骨を溶かしてゆくことで隙間がどんどん広がって歯が抜け落ちてしまうのです。

歯垢はやがて固くなって歯石となり強く付着し、ブラッシングでは取れません。
歯石がさらに細菌の温床となり毒素を出して歯周病を進行させます。
進行中も虫歯のような痛みが伴わないので気づきにくく、とても厄介な疾患です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る